植毛・1(道具と注意事項)




今はリカちゃんキャッスルのリトルファクトリーがあるので自分で植毛をやる必要性はあまりないかもしれませんが、

「まだそう思い入れがあるわけじゃない人形にそんなに予算はかけられない」

逆に「思い入れがありすぎてどうしても自分で植えたい」

「タカラ(或いはタカラトミー)の人形じゃない」

(↑キャッスルのリメイクはは©タカラ(或いは©トミー)のドールのみ)



そんな場合もあると思います。



植毛は難しい作業ではありませんが、かなり根気がいります。

自信のない方はやめておいた方が無難です。

中国製のリカちゃん、ジェニーのヘッドは非常に硬いものが多いです。

硬くても出来ないことはないですが、軟らかいものに比べるとやはり作業は大変になります。





用意するもの

・ぬいぐるみ針

布団針や刺しゅう針を使っている人もいるようだが長い方が格段にやりやすい



・植毛ヘア

ボークス 全27色 30g 420円

ノアドローム 全62色 30g 各525円

PARABOX 全18色 30g 各735円

それぞれ通販有り

アゾン 色数・グラム数不明 各630円

今のところ通販では買えない模様



・ゴム手袋

家庭用中厚とかいうのではなくお医者さんが手術で使うようなアレ

ヘッドを直に触ると汚れやすいので左手だけでもした方がいい



・水を含ませたティッシュ

これがあると毛束がまとめやすい





始める前にどんな髪型にするのかしっかりイメージを固めましょう。

ストレートかウェービーかといったようなことは後で変更が効きますが、長さや分け目などは最初に決めないと変更が難しいです。

髪色も然り。

ポニーテールやツーテールなどは一番外側を密にする必要があります。





植毛したらお湯パーマをかけます。

これをやらないことにはきちんとした髪形を作れませんが、リスクのある作業ですので自己責任でお願いします。

お湯パーマについては植毛の後で説明します。





2013年、リカちゃんキャッスルでも他社ドールの植毛を受け付けましたが、実験的なもので継続はされていない模様。

ノアドロームはメーカー問わず再植毛を受け付けてくれるそうです。





植毛に関する記事は五つに分かれています。





【関連記事】





0 件のコメント:

コメントを投稿