DDのヘッドを削る・2




DDのヘッドを削る・1】の続きです。






ヤスリの動かし方は基本的に縦方向。

そのままではなかなか削れないのでヤスリにVカラーシンナーを付けながらやるといいですよ。









ある程度削れてきたら鼻回りをヤスリをちょこちょこ動かして整えていきます。









気泡を出さずに鼻を低くするにはまず鼻先を削り、鼻筋の山折りのように角ばった部分を削ってなだらかにします。

上の画像が削る前、下が削った後。








真横から見るとあまり低くなっていませんが鼻筋を丸くするだけでも案外違うのです。






もっと鼻を低くしたい場合は気泡覚悟で削るしかありません。

気泡が出るか出ないかは運次第。

気泡が出てしまったら前回の記事で書いたように気泡が見えなくなるまで削るか(鼻がぺったんこになりますが)サンデーシートで溶かしたソフビ片で気泡を埋めヤスリ掛けするか。



ソフビ斑を出さないようにするには、口の横線(みぞ)を目安にして横線がなくなったらそれ以上削らないこと。

ただこの線が案外しつこい。

もうすぐ横線がなくなるな、というところまで来たらメラミンスポンジにVカラシをちょこっと付けてこすります。

ヤスリの擦り傷もメラミンスポンジ+Vカラシできれいになります。

表面が溶けてテカテカするので目の細かいスポンジヤスリでこすって肌を整えます。

スポンジヤスリはVカラシで溶けるので注意。








口を描く、開口してパテで口内パーツを作る、彫って造形するなどご自由に。

この後お好みでアイホールの形を変えます。

デザインナイフで慎重に削ぎ、ヤスリで整えます。

よく見て左右均等になるように削ること。





何度も失敗してこそ得られるものもある。

失敗を恐れずやってみようよ。

前へ進めじゃ。




0 件のコメント:

コメントを投稿