植毛・4(分け目に植える)




分け目を除いて植え終ったら髪をまとめます。

分け目を境に左右二つに分けツーテールに。

「からまないゴム」使用。百均にあります。

ちなみに熱に弱いのでお湯パーマには使えません。










分け目を片側から植えていきます。

一つの毛穴に植える本数は今までの倍、40本です。

針に通せるなら40本(20本の二つ折り)一度に植えてもいいですし、無理なら20本ずつを二回植えましょう。

分け目は毛穴が繋がってしまっていることが多いので中で玉止めを作って植えていく方がラク。

チェーンステッチ法で植えていく時でも穴が繋がったところは玉止めを作った方がいいです。

抜けないように大きい結び目を作りましょう。

植え終わった毛束はツーテールの片側にマメにまとめます。



チェーンステッチ法で植えているなら手を休ませる時、こんな風↓にするとうっかり輪を首穴の中に引っ込めてしまう事故や、次に植える毛束が他の毛束に混ざってしまうことを防げます。








片側植え終わりました。








画像ではわかりにくいですが更にメッシュを入れました。

メッシュは分け目だけでも案外効果的。

全体にメッシュを入れるとか部分的に色を変えるとか、試行錯誤も必要ですがいろいろやってみると楽しいです。






色が合っていたのでエクステジェニーに付属していたエクステの水色を使用しました。

植えた分け目を片方のテールにまとめます。



続いてもう片側も植えます。

先に植えたのと同じ毛穴に植えていきます。






全体を見て足りないところに植え足せば植毛はあがり。

このあとお湯パーマをかけます。






古い人形などはこのように分け目が二列になっているものもあります。

おそらく最初に右側の列を植え左に倒した上からヘッド中央の列を植えたものと思われます。






毛穴に忠実に植える場合は右側の列に植えた毛を左に、左側の列に植えた毛を右に、と互い違い・交差させていきますが、どちらか片方を分け目にしてしまうのも手です。

真ん中わけにしたいときは中央に近い列、横分けにしたいときは横の列を分け目にします。

下は横の列を分け目にした例。

もちろん元は真ん中分けでした。







【関連記事】










0 件のコメント:

コメントを投稿